映画特集:ジャンパー

映画ジャンパーの背景にあるもの

ヘイデン・クリステンセン主演、人気爆発の予感の映画ジャンパーですが、
この背景にあるのは92年に刊行されたスティーブン・グールドの原作小説なんです。

それが映画化されたのが今回の映画ジャンパーというわけです。

今回の映画では世界中を自由に行き来できる少年ジャンパーがパラディンと戦うという設定ですが、
これは映画化に伴いもっとも大幅に脚色された部分だそうです。

原作では母の死をきっかけにテロリストと戦うという設定なんですが、
映画ではパラディンとの数千年に及ぶ神話的な対決という設定になっています。

ジャンパーの能力に人間の領域を超えたものだとする人類によって組織されたのが
パラディン。その歴史的な戦いをこの映画では描いているのでしょうか?

やはり注目の映画と言えそうです。




DMMで映画鑑賞:このブログのTOPへ
人気ブログランキングもお願いします


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
ジャンパー
映画「ジャンパー」の感想です
ブログ名ジャスの部屋 -映画とゲーム-


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。